便秘の原因とオリゴ糖について

食べ物が便として出てくるまでには消化器官は9メートルほどあり、腸に関しても8メートル近くあるので正常に便が作られないと出すことはできません。一般的に3日以上排便がないという場合は便秘と言いますが、便秘で悩んでいる人は多いと言われています。特に女性が多いと言われていますが、そもそも便秘になる原因とは何があるのでしょうか。その原因と対策について紹介します。

大きく分けると原因は3つ存在していますが、1つ目は直腸に便が停滞していることです。これは便が直腸に到達しても排便反射が起こらず直腸に停滞してしまって排便できなくなるタイプですが、実際に直腸に停滞している人は多いと言われています。2つ目の原因は大腸の運動の低下です。腸管の緊張がゆるんでしまうことでぜん動運動ができず、大腸内に便が長くとどまってしまうことで水分が吸収され便が硬くなるタイプの便秘ですが、実際に運動機能が低下が原因で悩まされている人は多いと言われています。最後に3つ目は大腸の過緊張です。大腸は過緊張を引き起こすとうまく便を運ぶことができません。それによって便はどんどん硬くなり、ウサギのようなコロコロとした便になると言われています。

このように大きく分けると便秘には3つのタイプが存在していますが。解消させたいと思っている方も多いのではないでしょうか。解消させるためには近年ではオリゴ糖が注目を集めていると言われています。このサイトでは悩んでいる人のためにもオリゴ糖について説明します。

便秘の原因とオリゴ糖について